teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


親子で霊魂学

 投稿者:もも  投稿日:2019年 3月19日(火)11時59分46秒
  子どもも母の影響なのか「霊魂学」について関心をもってもらえるようになりました。
嬉しいです。^^

こうやって、わたしたちの世代から次の世代へと「霊魂学」のことについて引き継がれるといいな、と思います。

小魚さん、クリスマスの絵本を読み聞かせておいてよかったです。^^
この調子で主人も関心をもってくれるといいなぁ~。
(もちろん、主人には強制はしませんよ。タンスの上の師の書籍がだんだん増えていくのを見ているはずなので。ぼちぼちペースで。笑)
 
 

凄い!

 投稿者:小魚  投稿日:2019年 3月16日(土)09時31分28秒
  ももさん良かったですね!
お子様が進んで読んでみようと思ったのは、やっぱり日常の霊的なことに関心があったのかもしれないですね。
「子供たちのためのスピリチュアルなお話~日常編~」を読んで、霊的なことをただ闇雲に怖がったり、否定してなかったことにするのではなく、理解することによって人生が大きく改善出来るのだと知ってもらえると良いですね。

 

自分で読んでくれてました!

 投稿者:もも  投稿日:2019年 3月11日(月)14時55分35秒
  以前、子どもには休日に読み聞かせます としていたのですが、
子どもが「読み聞かせしていらない」というので、
わたしショックを受けて凹んでおりました。

ところが、昨日、子どもと一緒にホワイトデーのお返しのために
カップケーキを作っているときに
「母さん、『子供たちのためのスピリチュアルなお話2 - 日常生活編 -』を
自分の部屋で読んでるんやで~」
と話してくれました。

えっ?
そうなの。


子どもは、「学校に行きたがらない子のお話」のことを説明してくれました。

自分から読んでいてくれたのが嬉しくて、今はテンションあがっています。
(ゲンキンな母親です。えへへ。(*^o^*))

子どもが読んでしまったら、わたしも読もうっと。
(読み聞かせをする気、満々でしたので、まだ読んでいないんです。^^)
 

お知らせ

 投稿者:と金  投稿日:2019年 3月 1日(金)17時42分4秒
  『霊魂は居ると思いますか?』が電子書籍化しました。
是非お読みください。

『霊魂は居ると思いますか?』
 

違う人生

 投稿者:ふーみん  投稿日:2019年 2月25日(月)12時11分28秒
  子供さんに読み聞かせ出来るなんて良いですね~(´∀`人)
僕は大人になってから霊魂学を知りましたけど、もしも小さい頃から知っていれば全然違う人生になっていたと思いますよ~!
 

霊魂や死後の世界を信じることの大切さ

 投稿者:こすず  投稿日:2019年 2月24日(日)23時52分59秒
  ももさん、子供さんに霊魂学の本を読み聞かせできるなんてうらやましいです。
私は下の子も大きくなってしまって、できたら私が霊魂学に出会った7年ぐらい前に時間が戻ってくれたらな~なんて思います。

『子供たちのスピリチュアルなお話2:日常生活編』を読んで、不登校になって学校に来なくなった娘のお友達や、病気で亡くなったママ友のことを思い出しました。
私も小魚さんが書かれているように涙するところがあり、霊魂や死後の世界を信じることの大切さが改めてわかって感動しました。
もし自分や家族が大きな病気になり死に直面することになったらどうしたらいいのかということは、誰にとっても大きくて難しい問題だと思います。
その時に本当に大切なことを教えてくれる霊魂学を、もっと多くの方に知ってもらいたいと思いました。
 

読み聞かせは休日だな

 投稿者:もも  投稿日:2019年 2月22日(金)09時16分22秒
  『子供たちのためのスピリチュアルなお話2 - 日常生活編 -』が届きました。
これで、子どもに読み聞かせられます。

ただ、最近、子どもの寝るタイミングとわたしの寝るタイミングが合わないので、休日の夜に読み聞かせをおこなうことにします。
わたしもまだ読んでいないので、子どもと一緒に物語を味わいたいと思います。^^
 

新刊

 投稿者:小魚  投稿日:2019年 2月18日(月)21時51分47秒
  『子供たちのためのスピリチュアルなお話~日常編~』読みました。

この中に私の子育て中実際に経験したことに似た内容があったので
現実的に子供たちにはよくある話なのかなと思います。
ぜひぜひ子育て中のお父さんお母さんに読んでもらいたいですね。
子供たちの心を傷つけたくない、幸せになって欲しいと思うのは、きっとどの親も皆同じですよね。

子供さんにとっても、不思議なお話がオカルト感覚で興味を持って読んでもらえるだろうと思います。
しかも感動的で泣けちゃうところもありました。

ももさん、やっぱり「死後の世界に恋をして」は人気ですね。
うちの子も当時は「面白くて最後まで一気に読んだ」と言っていました。

ちなみに、うちのネコに「ネコの死後はどうなるの?」を読み聞かせてたら、スルっと逃げられました(笑
 

やっぱりこれを読み聞かせたい

 投稿者:もも  投稿日:2019年 2月14日(木)11時45分55秒
  『子供たちのためのスピリチュアルなお話2 -日常生活編-』は
2月18日に書籍タイプが発売されますよね。
その書籍タイプが届いたら、子どもに読み聞かせます。

子どもが今、関心を持っていてくれるので、この機会に
「二本足の霊魂」を読み聞かせたい!と思っています。

子どもは、「死後の世界で恋をして」を読んでからがいい、
と言うかもしれませんが・・・。

「二本足の霊魂」は電子書籍は持っていますが、
書籍タイプはまだ持っていないので、
『子供たちのためのスピリチュアルなお話2 -日常生活編-』と
一緒に購入手配をしました。
届くのが楽しみ♪
 

新刊のミスについて

 投稿者:と金  投稿日:2019年 2月 7日(木)11時07分33秒
  新刊『子供たちのためのスピリチュアルなお話2 -日常生活編-』にミスがありました。


1.トモちゃんと神様

        誤                   正
  お姉さんは神社で神様に祈りました。  →  トモちゃんは神社で神様に祈りました。

2.学校なんか大きらい

   パパは納得したわけではあれません。 → パパは納得したわけではありません。

   もしかしたら魔法が聞いたのかもしれない。 →  「もしかしたら魔法が効いたのかもしれない。」

3.鬼って、いるの?

   のこちゃんは転んでしました。  → のこちゃんは転んでしまいました。

   「まこは、けんちゃんのことがショックで …  →  「のこは、けんちゃんのことがショックで …

4.ママの涙

   少しの間だから、ガズの気持ちを   →  少しの間だから、カズの気持ちを

以上


電子書籍は本日修正しました。
紙の書籍は第2版を出版しないと訂正できません。3月頃、第2版を出版する予定です。


※紙の本は自費出版の関係で、本が出るまで本の見本が手に入りません。
 ですので、2月18日以降でないと、こちらでもミスが分かりません。
 読者の皆様には大変申し訳ありませんが、プロの出版社とは違い、
 いろいろと不手際が生じます事をご了解いただきたいと思います。
 

レンタル掲示板
/226