teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


『霊魂イエス 下巻』

 投稿者:こすず  投稿日:2019年 9月13日(金)00時35分51秒
  本当に現実はしょうがないことが多いですよね。

実は先日も実家に帰ったところ、その前の時母は、
「私も前から信仰のことを勉強してみたいと思っていたのよ。どうしてもっと早く言ってくれなかったの?」
とあんなに強く言っていたのに、今回は母はそのことを憶えていませんでした。
母は認知症の初期と診断されていて、脳の機能が衰えるということは本人にとっても家族にとってもつらいことだな…とショックでした。
でも悲しんでばかりはいられないので、これから現実的な対処や霊的な対処を考えていかなければと思いました。

ところで実家に行く時は片道1時間半ぐらい電車に乗っているので、その時間に霊魂学の本のキンドル版を読むことにしています。
なぜか電車の中は家の中と違ってとても集中できるので読むのが楽しみになっていて、先日は『霊魂イエス 下巻』のキンドル版を読みました。
今までは最後のところが私には少し難しいといつも思っていましたが、今回は読んでみてとてもすごいことが書かれているように思って感動しました。
霊魂学の本はその時時で受け取り方や感じ方が違うとよく聞くのですが、本当にその通りだなと思いました。
 
 

しょうがない

 投稿者:Eru  投稿日:2019年 9月 5日(木)09時19分22秒
  私も、Gを見つけたときは、殺しません。怖くて殺せません。
なので、窓や玄関を開け放し、ほうきで掃き出し、外に出て行ってもらうようにしています。
でも、お隣さんは、迷惑かもしれませんね・・・。

誰でも、その姿を見かけたときは、念がでてしまうと思います。何もしていないのに念で傷ついてしまうのは、ちょっとかわいそうかなとも思います。
でも、Gの食べるものは、人間が食べるものとほぼ同じようなので、人間の周りにいるのはしょうがないのですよね・・・。

この世の中、「しょうがない」ことだらけのような気がします。
 

霊的なお話シリーズの本

 投稿者:こすず  投稿日:2019年 8月30日(金)23時54分41秒
  少し遅くなりましたが、Eruさん、Gで大変でしたね。
でも個人的には、お隣りに電気工事会社の社長さんと娘さんが住んでいるなんてすごく恵まれた環境だな~と思いました。
私は『ガンバレ!動物霊魂』を読んで以来、家にGがいたら、まず新聞紙で叩いてGが死んだふりをしている間にぜりーのカップと広告の紙で挟んでそのまま家の外に出しています。
いいのか悪いのかわからないですけど。。

ところで、先日実家に帰った時に、母に先月申し込んだ母の霊査の回答を見てもらいました。
母は思うところがあったようで、「入会してもいい。」と言ってくれました。
ただ頑固な父に渋々でも認めてもらわないといけないのでどうなるかわかりませんが、母がそう言ってくれただけでも嬉しかったです。

霊的なお話シリーズの本や子供たちのためのスピリチュアルなお話の本は、文字が大きくてイラストも入っているので読みやすいし、霊魂学が初めての方にもわかりやすい内容なので、普段本は全く読まない高齢の母にも勧めてみようと思います。
霊魂学に興味を持ってくれた方に読んでもらいやすい本があってよかったです。
内容が深くて心に残るお話ばかりなので、私もいつもすごいな~と思いながら読んでいます。
 

霊的なお話シリーズ

 投稿者:小魚  投稿日:2019年 8月18日(日)18時04分47秒
  今頃になってしまいますが、「霊的なお話シリーズ1-武士の時代編-」について感想です。

何となく、修行者ならではの感想のような気がするのでこの掲示板に書くことにしました。

実は最初読んだ時、これまでの霊魂学の本とは少し違う気がする、とあまりピンとこなかったのです。
それが少し日にちが経って、何気なく開いて読んでいると、一つ一つのお話の重さに動揺しました。

当たり前のことが当たり前だと思えていないところがあるのではないか、私は、生きる上で心にとどめておかなければならない必読の書だと感じました。

妙にリアルな真実が書かれているこの本がとても好きになりました。
これから大人になる子供たちに読んで欲しいですが、私たちも同様ですね。
 

お知らせ

 投稿者:と金  投稿日:2019年 8月 3日(土)07時59分44秒
  『霊魂イエス 上巻』が電子書籍で発売になりました。

紙の本は8月19日に第3版が発売されます。

ぜひお読みください。

https://www.amazon.co.jp/dp/B07VQCNRQ5/

 

G

 投稿者:Eru  投稿日:2019年 7月31日(水)09時53分48秒
  先日、家に帰ったら、電気がつきませんでした。
ブレーカーが落ちていたのですが、上げても復旧しません・・・。
夜9時、、、しかも熱帯夜。。。

お隣さんが電気工事会社の社長さんなので、どうしたらいいか聞いたところ、すぐ来てくれました。
なんと、ゴキブリが挟まっていて、ブレーカーが壊れてしまったそうです。

ブレーカーのカバーを外し、ゴキブリが見えた瞬間、しばしの空白が・・・。
「オレ、ゴキブリ苦手なんだよ。うちはいつも奥さんが退治してくれる」

翌朝ブレーカーを交換して直してもらったのですが、その晩は、冷蔵庫の中身と着替えを持ち、隣の娘の家に一晩避難させてもらいました。

ゴキブリというだけで、誰からも嫌われてしまうのはかわいそうだなとは思うのですが、なるべく人間のいるエリアには出現してほしくないなと思います。


すみません、霊的には何も関係のない話でした・・・。
 

夏休みに入りました

 投稿者:もも  投稿日:2019年 7月22日(月)17時26分36秒
  子どもが夏休みに入り、ラジオ体操をしています。

「休みだ!」と言って、嬉しそうにしているわが子。
(親は仕事に行ってしまうので、日中、自由に過ごせるのが嬉しいらしい。←わたしは複雑な心境です。)

もう夏なんですよ。それなのに、こんなに雨が続くとは・・・。
異常ですよね。


異常と言えば、霊的にも人間界は異常というか異様なのですよね。
(わたしたち人間の目には見えないけど・・・)
悪い霊魂たちがうようよしているんですよね。

毎晩、水の禊で清めているから、わたしは幽体についた穢れを落とすことができます。

でも、この「禊法」をご存知ではない方たちの幽体は・・・。
そんなことを思うと、恐ろしくなります。

どうかどうか、「契山館」で「霊魂学」を学んでもらいたいと思います。

せめて、師のご著書をお読みいただければ・・・と思います。


わたしも子どもと一緒に、師の本をぼちぼちペースで読んでいます。

小学生の子どもでも読めるので、活字が苦手な方も大丈夫ですよ。

是非、お読みくださいね。


\ 霊魂学に関する読書会が開催できたらいいな /

 

もどかしい

 投稿者:小魚  投稿日:2019年 7月17日(水)16時17分16秒
  モモさん難しい本を読んでるんですね。
たしかに哲学では「これは幽体のことでは?」「魂のことでは?」と思えるようなことが書いてあるっぽいですね。

人が自分自身のことを深く深く考え続けて、何百年も何千年も学者が探り続けてもわからなかったことを、霊魂学徒は霊魂からの情報でわかってしまうんですよね。
しかも一般向けとして書籍にも重要なことがたくさん書かれています。

何を信じるかで、生きている間も死後も天と地ほどの違いが出てしまうのだから、早くたくさんの人に気づいて欲しいですね。
 

哲学がお好きな方へ

 投稿者:もも  投稿日:2019年 7月12日(金)15時48分54秒
  ソクラテスの弟子のプラトンは、
「滅びる宿命の身体に属する感覚を超えた知を描き、知を特質とし自己を動かすプシュケーは不滅である」とした。

この記載を読んだ時に、わたしはわたしたちの「肉体と幽体との関係」を思い浮かべてしまいました。

プシュケーが幽体のことなんじゃないかな、と考えているのですが、どうなんでしょう。



なぜか最近、アリストテレスに関心を持ち始めました。
なんで、関心を持ち始めたのかは「謎」なのですが、哲学もなかなかよさげですよ。

ただ、何が書いてあるのかよくわからないので、読み進めてはまた前に戻る、の繰り返しでなかなか進みませんが・・・

難解な書物に興味のある方は是非!^^


哲学がお好きな方は、「霊魂学」にも興味を持ってもらえそうな気がするのですが、どうでしょうか。
 

霊魂学にあるもの

 投稿者:こすず  投稿日:2019年 7月 7日(日)00時27分35秒
  ももさん、かつて自分が悩んだことと同じ悩みを持っておられる方がいたらぜひ霊魂学を知ってほしいですよね。

私の場合は、何をして生きていったらいいかわからないと人生に行き詰まったり、本当の信仰を学びたいけれどどこに行けばいいのかわからないと信仰に行き詰まったりしてきたので、私と同じような悩みを持っておられる方にはぜひ霊魂学を知ってもらいたいです。

先日親しい友人に会った時に、
「今までやってきたことと、今やっていることは何が違うの?」
と聞かれたので、
「え~と、本当の修行があるところ。」
と答えたところ、
「本当の修行が何なのかよくわからないけど、相変わらず宗教一筋なのね~。」
と笑われてしまいました。

他の宗教になくて霊魂学にあるものは何だろうとよく考えるのですが、『霊魂に聞くⅡ』を読んだ時、やっぱり霊魂学はすごい!と感動しました。
私も口下手なので、自分なりに霊魂学にあるものを書けるように頑張りたいなと思います。
 

レンタル掲示板
/230