teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


求める気持ち

 投稿者:こすず  投稿日:2017年 5月14日(日)23時26分26秒
  ちりこさんの求める気持ちの強さ、いつも見習いたいと思っています。
霊魂学に出会って、ちりこさんをはじめ求める気持ちを強く持っておられる会員の方々と、年齢に関係なく(!)修行仲間になれて、
本当によかったです。
みなさんについていけるように、私も頑張りたいと思います。
ちりこさん、私の方こそこれからもよろしくお願いしますね~。


 
 

本当の事が知りたい

 投稿者:ちりこ  投稿日:2017年 4月30日(日)09時28分52秒
  こすずさん!待ってましたよ。

本当の事が知りたい。その気持ちがないと、霊魂学には出会えないですよね。出会っていても気づかなかったり。
私も、そうでした。誰でも人生に1度は、そういう気持ちになる瞬間があるはずなんです。

なぜ生きてるんだろう?この世界は何だろう?
何も知らないまま、ただ生きて、ただ死ぬ。
そんなの変じゃない?
なぜ自分達の世界の事を何も知らないのか。
世間にあふれている情報は、どれが本当なのか。どうやって判断するのか?
知りたい。死ぬまでに本当の事を知りたい。


…入会前に思ってた事がブワーッと思い出されました。

あの時の気持ちを忘れずに、頑張りたいです。
こすずさん、これからもよろしくお願いしますね!
 

少しずつでも

 投稿者:こすず  投稿日:2017年 4月29日(土)14時06分51秒
編集済
  初めて投稿します。
ちりこさんと同じ時期に入会しました。

ちりこさん、私も自分の不幸の原因とその解決法を知りたいと思って、いろんな本を読んだりいろんな所へ行ったりしました。
でもどれも心から納得できなくて、霊魂学に出会って過去世調査を受けて、やっと答えが見つかったように思いました。
振り返ってみると私も、本当の事を知りたい、本物に出会いたい、と心から思った時に、霊魂学に出会えたように思います。
ホントに少しずつでも、同僚の方に霊魂学を紹介していけたらいいですね!
 

そうなんですよーーー

 投稿者:ちりこ  投稿日:2017年 4月15日(土)09時53分50秒
  霊魂が大事なのに、霊魂の話をすっ飛ばして神を語るのが一般の感覚なんですよね。
私も子供の頃は、神様は人間の願いを叶えてくれる都合の良い存在だと思っていました。社会人になった頃は、そんな存在居るはずがない、居たらこんな世の中になってない!と、思っていました。

最近、同僚と話をしていて、どうやら同僚は自分の不幸はなぜ起こったのかを知りたかったから、スピリチュアル系の本を読み漁っていたようです。
そうなると、高級な霊魂の存在を伝えても、あまり良くない結果になるんじゃないかと思うんです。
人それぞれ人生も考え方も違いすぎて、本を一冊紹介するのも慎重になりますね。

それでも、少しずつでも、伝えていけたら…
 

神様と霊魂

 投稿者:小魚  投稿日:2017年 4月 3日(月)22時07分53秒
  人が想像する神様とはどのようなものだったのか、この会に入る前自分は神様をどう想像していたのか。
「わしは神様じゃ」と天から声が届くものだと思っていたかもしれません。
シロクマさんの話でそんなことを思い出しました。

ところで、先日本を贈った相手と少し話をしました。
その人は最近、仏教やキリスト教の本を読み漁り、宗教とは何なのかを調べていたそうです。

なんだ、話が早いじゃないの、と思っていたのですが、どうも違和感があります。

話が噛み合わない。
私が話がヘタだから?
でもそういうことではない気がする
はたと気付きました。

私は霊魂の存在ありきで話をしていたのです。

その人は「神様」という存在について、その前提についてに興味があり、「霊魂」はまた別問題だったのです。

そうだったんだ、最初はそうなんだ、『神体』の本でもあったように、神様は信じていても霊魂を信じていない。
私にもそういう時があった気がする。

贈る本を間違えてしまったかもしれず、がっくりと肩を落としました。

『霊魂は居ると思いますか?』にすれば良かったのだろうか?
『霊魂に聞く』をこれから読むと言ってましが、順番を間違えてしまった感でへこみました。

また一から出直しか・・・
 

人が期待する神

 投稿者:シロクマ  投稿日:2017年 4月 1日(土)23時08分7秒
編集済
  こんな話を聞きました。

ジョーク話なのですが

──────────────────────────
あるところに大変信心深い人が居たのですが、ある時川に落ちてしまいました。

そこにたまたま通りかかったボートがあり、助けようとしましたが、その信心深い人は、「神様が助けてくれるから大丈夫」と断ってしまいます。

また船が通りかかり、助けようとしましたが、やはり「神様が助けてくれるから大丈夫」と断って祈り続けました。

また船が通りかかりましたが、その人は断り、結局溺れて死んでしまいました。

天国についたその人は、神様に「なんで助けてくれなかったのですか?」と尋ねます。

神様はお答えになりました。

「三度も助け舟を向かわせたではないか?」

──────────────────────────

その人が期待する「神の助け」とイメージが違っていて、せっかくの助け船を自分で断ってしまったと言う事ですね。

現代では、神を信じない人が多いのかも知れません。それでも、もし本当に神がいるとしたら、生前、神を信じも敬いもしなかった人でも、赦して助けてくれるはずだと、どこかで思っている人も多いような気がします。

人は都合の良いイメージを神様に抱いていますが、神様の本当の姿はどのようなものでしょうか・・・

 

リベンジ

 投稿者:小魚  投稿日:2017年 3月30日(木)18時48分37秒
  「霊魂に聞くⅡ」を読んでいて、どうしても伝えたい人を思い出し、思い切って本を贈ることにしました。
以前にも伝えかけていたのですが、しどろもどろで結局何も上手く話すことが出来なかったのです。
この「霊魂に聞く」シリーズはそんな説明がヘタな私にとっては何て頼もしい。

「霊魂学って何なの?」と問われた時、より多くの一般の人にピンポイントで伝わりやすい、入門編のような気がします。
何しろ身近な問題を高貴な霊魂が一つ一つ答えてくださっているのです。
うーん、頼もしすぎる。

ちりこさんとたまのこしさんの書き込みから、背中を押された気がします。
ありがとうございます。

霊的な人生こそが人間として本来あるべき人生です。
読んだ人がそう思ってくれると良いな。
 

霊魂に聞く

 投稿者:たまのこし  投稿日:2017年 3月13日(月)05時18分35秒
  霊魂学に出会う最初の本ってきっと印象深いでしょうね。

特に今は「霊魂学シリーズ」と呼べるほどの冊数が出ていますから、どれも全部いいよ・では困ってしまうかもしれません。

アマゾンに慣れている方なら、なか見・目次紹介・カスタマーレビューもありますから、それだけでもかなりの情報が得られます。

「霊魂に聞く」はQ&A形式なので、目次を見て興味のある項目を読み、また目次に戻って答えをさがすという読み方もできて、時間のない人には便利な構成だと思います。(IIも出ました!)

主人公といっしょにストーリーを歩くという形なら、「人類は消滅すべきか」や「死後の世界で恋をして」など、ぐいぐい引き込まれる感じがいいし・・・

あ~もっと本読みたい~~ と思えてきました。

http://amazon.jp/dp/4865437932/


データベース形式といえば、下に紹介されているひろしさんのサイト、キーワードで関連項目が一覧されて、すっごいですね。なかなか時間のない人、リサーチしたい人にはとても便利だと思います。「あれ、どこだっけなあ」と探していた部分がすぐ見つかったりして助かります~

http://4vote.sakura.ne.jp/

なんかすごい時代になりましたね
 

チャンスだと思って

 投稿者:ちりこ  投稿日:2017年 3月12日(日)22時24分54秒
  小魚さん!ありがとうございます。

同僚が、「本物はいないんですかねー?」って言ったから、そのひと言が出た感じですね。

私は、人に霊的な話をする時は、入会前の気持ちや考えてた事を思い出して、「なぜ、死ぬのに生きるのか?この世界は一体なんなのか?」という疑問をずっと持っているんだとアピールします。
でも、、だいたいの人は「哲学者なのー?難しい事考えるねー」とか「そんなのわからん」とかで終わるんですけど…
その同僚は違う反応だったので、お!これはチャンスかも知れない!と、久々にワクワクしました。

今、まずどの本を紹介しようか悩み中です。
 

つい自分を振り返っちゃうの

 投稿者:小魚  投稿日:2017年 3月12日(日)15時20分54秒
編集済
  >「いい本があるから今度紹介するわー!」

ちりこさん凄い。
意外に言えない一言だったりするのに、凄い。

そういう風に自然に言っちゃえば別にどうということもない、ただ面白かった本を人に紹介するだけの話なのに、私は無意識にグっと押さえちゃうんです。

良いものは良いと伝えるのはとても自然なことなのに、何故か私はヘタなんですよね。
どういう風に霊魂学の話をするのかも凄く興味あります。
今度御教授ください(笑

ぴろしさんのサイト、凄いですね。
こういうサイト欲しかった、という会員さんもいましたよ。

なんだか久々に自分に負けずにがんばろって思いました。
 

レンタル掲示板
/196