teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


困った2

 投稿者:うちわ  投稿日:2017年 7月24日(月)23時14分8秒
  投稿失礼します。
小魚さん パソコン早く直るといいですね。
文句と言えば、最近「暑い」が口癖になってしまっております。天気に文句言ってもしょうがないですが、思わず言葉が出てしまいます。死後の世界は、暑い寒いがないようなので、こんな不満は抱かないのだろうなぁと思う今日この頃です。
 
 

困った

 投稿者:小魚  投稿日:2017年 7月24日(月)19時52分9秒
  高貴な霊的世界ほど、指揮系統が徹底されてるように思えます。
逆に下層へ行くほど自由奔放、というか皆身勝手に生きてるイメージです。
無法地帯なので弱肉強食の悲惨な世界になりやすいようですが、まさに野生化ですね。

先週パソコンが壊れてしまいました。
仕事でもプライベートでも必須アイテムてしたので、修理にだした後の2,3日は何やら体の機能の1部をなくしたような、そんな空虚感が凄いです。
今も普段はあまり使わないスマートフォンで書き込んでますが、「小さい、使いづらい、あれもこれもできない」とぶつぶつ文句ばかり言ってます。

幽質界から物質界の人間になったとき、その記憶は消えているのですが、もしも覚えていたらどんな文句を言ったんでしょうね。
 

調べもの

 投稿者:うちわ  投稿日:2017年 7月22日(土)20時27分4秒
  投稿失礼します。
ちょっと、調べものをしていたら、軍の指揮系統というものを見ました。

上官への返事は「イェッサー」でご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、上官の命令は絶対です。

なぜかというと個々で状況を勝手に判断して行動してしまうと、統率が取れずに戦闘員が命を落とすなどの致命的なミスになってしまうそうです。また、指令箇所が複数だと戦闘員が混乱してこれも致命的なミスにつながるそうです。
確かに、仕事で上司の言っていることがバラバラで困ったことが以前ありました。

何故か、他人ごとではないなと感じてしまう今日この頃です。
 

夏の風物詩

 投稿者:うちわ  投稿日:2017年 7月19日(水)21時45分3秒
  投稿失礼します。
本日、会社から帰ってきたらテレビで心霊番組がやっていました。「もう、こんな季節か~」と特に気にもしていませんでしたが、ちょっと振り返ってみると 昔は、この手の番組は大好物でした。怖いのも見たさでよく見ておりました。見終わった後、夜寝るときは、思い出してなかなか眠れなかったのは懐かしい思い出です。
「怖くて眠れなくなってしまうのに見てしまう。」人間というか自分は、よくわからない行動をとるなぁと振り返るとちょっぴり恥ずかしくなってしまう今日この頃です。
 

いつの時代も

 投稿者:えんしろう  投稿日:2017年 7月19日(水)00時04分39秒
編集済
  人は裸で生まれ、裸で死んでいく
その生死の過程において、人の歴史は環境が変化しているだけで、
法則は全く変わっておりません。

いつの時代も、天に神あり、地に人あり、そして印あり

しかしながら、特別な時代には法則を超えるような神秘が降ろされている。
そして今、目の前の手のすぐ届くさきに、特別な存在が居られても何も気が付かない。それが人間です。

科学万能主義云々だからでもなく、自分中心の民主主義だからでもなく、
一番大切なことに向いてないから、拒絶して受け入れていないから、
見えるものの見えなくなっている。それだけの気がします。
 

いろいろ見えにくい現代

 投稿者:うちわ  投稿日:2017年 7月17日(月)21時00分33秒
  投稿失礼します。本当に最近は天候がおかしいと思います。

きっと昔の人ならこの天候なら『加持祈祷』しているんだろうなと想像しています。現代人は、天気予報を見て必要な対策をします。

災害に対しての対応が『加持祈祷』から『天気予報を見て対策する』に代わっただけだけなので、考えようによっては、人間自体は、あまり変わってないのかもしれません。

違いがあるとすれば、信じる対象が『かみさま』か『科学』かというところです。でも、これは霊的は大変大きな違いなのかもしれません。

人間はただ、科学づけで真実が見えにくくなっているだけなのかもしれないと思う今日この頃です。
 

昔と現代のメリット、デメリット

 投稿者:ゴールデンBee  投稿日:2017年 7月16日(日)14時40分20秒
編集済
  昔の良い事を学ぶ所は、あるかもしれませんね。
でも、災害にあってしまうと、電気も使えなくなった事があり、
水道の水も使えない事もあり、あの時の大地震でとても、大変だった事を思い出しました。
電気が、無いので、ロウソクの火を電気の代わりにしました。電気も、日本の歴史からすれば、一般の家庭で
使えるようになれたのは、100年位も経っているかいないかの、事で、それまでは、明治時代とかも一般の家は、
夜は、ロウソク等で灯していたのかなと思いました。
でも、現代では、電気が使えないだけで、とても大変で、あの時は、まだ3月で、雪も降る寒い時期で、ストーブも、
こたつ、も電気がなくて、昔の人達は、真冬の寒さにも耐えなくてはならかったのかなと思いました。
でも、幸い、電気を必要としないストーブが使えたので、とても助かりました。
あのストーブもなければ、電気が復旧しない限り寒さに耐えなければならなくて厳しかったと思いました。
突然、今まで大勢の人達で、築き上げた便利な生活がなくなると、どうしようと、戸惑う事が多かったと
思います。小魚さんの言うように、昔の生活には、戻る事も厳しいですね。
それを、考えると、自分も、やっぱり現代人なんだなと、実感します。
電気も無い昔であれば、我が家周辺の地震の被害程度なら怪我さえ無ければ、戸惑う事も現代よりは、
少なかったかなと思います。

昔は、今の時代よりは、霊的に少しは良い方だったかなと思います。
でも、昔は、平均寿命も短く、それだけ生活が過酷だったのだろうかと想像しています。
でも、霊的に少しは良い状態にできる信仰があったのかなと思います。
現代の日本では、食料も豊富で暮らしも便利で、人の暮らしに役だつ新しい物を
作り更に日本の暮らしは、新しくなるようで、霊的に良い事は、地上では無視されたり、
無くなったりで、残念に思います。
でも、こうした時代でも、インターネットが、あったお陰で、霊魂学に出会えました。科学の発展では
自分にとって最高のメリットがありました。
インターネットの、発明も無ければ、霊魂学に多分、出会えなかった可能性の方が大きいので、
科学の発展も上手く霊的に良い事に役立てば大きなメリットになり良いなと、思い出しました。
昔は、インターネットも無く今の時代からすれば不便の多い時代でも
昔の人達に今の霊魂学の事を話すと現代の人達よりも目覚めやすいかなと個人的に想像しました。
現代は、平均寿命も昔よりも、長くなり霊的に目覚めれば、それだけ沢山、地上で霊的に良い事も
より多く体験できるので、目覚めて欲しいですね。

最近、大雨による災害が多いですね。どんなに、時代が進み科学が発展しても災害にも苦労してしまい
大変ですね。こちらでも集中豪雨のような事があった時は、栗の木の下の池の水が溢れて、ミツバチの巣箱
も水に浸かってしまいました。でも、ミツバチは、住んでいなかったので、幸いでした。何時もなら
日本ミツバチの住む場所だったけれどミツバチの住んでる巣箱は置いていなかったので、助かりました。
川の水が溢れることは、よくあるけれど池の水が溢れるのは、初めてで、想像もしていませんでした。
我が家の玄関の池は全然溢れていなかったけれど、あの大雨で、洪水に近い状態になってしました。
でも大きな被害は無くて済みました。

後、原始の体験みたいに、薪を切り、そして火を焚いて、鶏肉や、豚肉を串に刺して、原始的なバーベキュー?を
楽しみました。鶏肉、豚肉は、現代人らしく店で買いました。原始の人達は、
こうして火を使い食料を調理していたかなと、思いながら、美味しく原始の味?を楽しみました。
ほんの少しだけ原始体験できたかな。


 

霊魂学を知ってほしい!

 投稿者:うちわ  投稿日:2017年 7月15日(土)23時46分20秒
  投稿失礼します。
信仰というのは、現代の人には、実生活とは大変ほど遠いことに感じられるようになっていますね。残念です。
手を合わせて祈っている人がいてもそれは「自分の願いがかないますように。」です。本当に、残念です。

霊魂学がすべての学問の前提なるような世界ができたら、現代の人々が今までとは全く違う、霊的によい人生が歩めるはずだ思ってしまう今日この頃です。
 

現代にふさわしい信仰

 投稿者:小魚  投稿日:2017年 7月15日(土)20時02分37秒
  ゴールデンBeeさん、まさにそうですよね。
現代は世界中の情報が瞬時に届き、これまで培ってきた技術の進歩で人はそれが全てのような錯覚に陥ってしまってるように感じますよね。
だからといって昔の生活に戻ることは、地球規模の大災害でもない限りほぼ不可能なのかもしれません。

でも、もしも霊的真実の探究に本気で力を入れれば、科学の先に存在するものとして科学以上の学問があることに気が付いてくれたら、人間が本当の知的生命体になれるのではないのかなーと、じわじわ思います。
少なくとも当会の会員は、真の霊媒により物質世界の先にある霊的世界の知識をふんだんに知ることが出来るんです。

うーん、もどかしいですね。
 

信仰

 投稿者:ゴールデンBee  投稿日:2017年 7月14日(金)01時00分40秒
編集済
  確かに、信仰心は、少なくなり、霊的に良くなる為の信仰は、ないようで、残念に思います。
でも、現代でも、毎年思うけれど、我が家の家族を含め、先祖供養の方は、真面目に行い、多分、今年も
我が家の家族は、お盆には、自分に対して、「墓参りに、行くんだ」、と多分言われそうで、仕方なく、今年も
行くしかないかなと、思っています。これほど、亡くなった先祖を思う気持ちがある、ならば、霊魂学にも気持ちを
同じ位向けてくれないかなと、思うけれど、霊魂学の事を話しても、全然、話しを聞いてくれないのが、何時もの
パターンで、一方的に、今年もお盆には、家族に墓参りや、先祖供養を行うように言われそうで、霊魂学徒の自分は、仕方なく
家族の言う事を、聞くしかないかなと、今年も思っています。
自分としては、現代でも、何かを信じる考えは、一様あるかなと思います。

その他には、現代では、人々は、目先の御利益を叶える、事とか、都合の良い事等でしか、信仰がないのかなと
個人的に思っています。
霊的に良くなろうと思う、信仰が無いのが、とても残念に思います。

でも、現代でも、南米の方の森の奥深くでは、文明のない原始的な生活をしていて、その人々達は、食料は、狩をしたり、
野生の木の実や、果物を集めての、日本の縄文時代のような生活で、その人々達には、
神々の信仰もあり、そのテレビ番組を見ての観想は、あの人達は、少しは、霊的に
良い状態かなと、思いながらそのテレビ番組を見ました。

原始的な生活は、確かに面白そうだなと、思う所もあったけれど、でも考えてみると病気や、怪我をした時は、
病院も無ければ、良い治療も無いと言う事を考えたりすると、やっぱり今の日本での生活が良いなと
思いました。肉体の不調も凄く怖いから病院もあって欲しいと思いました。確かに現代では、霊的に良い信仰心は、
残念ながら、無くなり残念に思うけれど自分としては、霊魂学に出会え、霊的トレーニングを学べる時代、
場所、自分の状態を考えると、自分の運は、奇跡以上の奇跡と言える程、運が良かったと最近、改めて思いました。
これからも霊的トレーニングを真剣に行いたいと思っています。肉体も幽体も健康であるように願っています。

こちらも猛暑になり暑くて35度を上回った状態で仕事を行うとさすがに、大変でした。
でも仕事は、やりがいがありました。
 

レンタル掲示板
/200